フィナステリドの作用と蜜蜡脱毛とシャンプーの使い方

蜜蜡脱毛の蜜蜡と言うのは中国語になりますが、蜜蜡は日本語ではワックスなどの事を意味しており、蜜蜡脱毛は脱毛サロンやエステサロンなどで行われているワックス脱毛になります。

但し、ワックス脱毛と言っても蜜蜡、松ヤニなどが主成分のワックス剤です。
松ヤニと言うと臭いと言ったイメージが在りますが、サロンなどで利用されるワックス剤は水溶性の成分であり、肌に残ったワックス剤はウェットティッシュなどで簡単に取り除くことが出来ます。

ワックスを脱毛したい部位に塗布してからストリップと呼ばれるペーパーを貼り付けて、ストリップを剥がすことで脱毛が出来ると言う方法になります。

尚、エステなどで利用されているハニーワックスがストリップを使うタイプで、松ヤニなどの成分が入っていないため、デリケートな部位の脱毛やアレルギーなどの心配がないと言われていますし、光脱毛などのような毛周期に併せて施術を繰り返す必要が無く、毛の長さが1センチほどの状態で施術を受けられると言った特徴が在ります。

毛周期は毛の生えるサイクルを示すもので、AGAなどの場合は毛周期が狂う事で抜け毛が多くなる薄毛です。
毛周期との関係が強いAGAはフィナステリドと呼ばれる医薬品を使う事で毛周期を正しくさせることが出来るため、発毛の効果を期待出来るようになります。

尚、フィナステリドは男性のみが利用出来る医薬品で在る事、そしてAGAの薄毛に対する効果が在り、他の薄毛には効果が無いと言われています。

また、AGAの予防を行う時などは頭皮環境を整えてあげる事も大切で、洗髪を行う時のシャンプーは綺麗に洗い流す事などが大切で、シャンプーが残っている状態にならないようにすることが薄毛対策に有効と言われています。