ヒップの毛はそのサイン?フィナステリドと大正製薬

よく無駄毛が多いのは男性ホルモンが優勢に働いていることであり、女性はヒップの毛が生えたりすると、女性ホルモンを増やすことで無駄毛が収まると言われています。実際それは正しいのですが、男性ホルモンが増えているといっても、そのまま薄毛に直結するわけではありません。薄毛の原因となる男性ホルモンが増えることで、無駄毛の多くなり、ヒップに毛が生えることも考えられますが、その男性ホルモンの感度が高い人ほど薄毛になりやすくなります。ただ薄毛の原因となっている男性ホルモンより勝る女性ホルモンを増やすことで、薄毛に対する対抗策になります。女性ホルモンを増やすと言われる大豆製品などを、薄毛の男性は積極的に摂取することをおすすめします。

男性の薄毛治療として、フィナステリドと大正製薬は密接な関わりがあります。大正製薬がフィナステリドを製造しているわけではありませんが、これらがまつわる医薬品を使うことが多いです。フィナステリドが含有されているプロペシア、そして大正製薬が製造しているミノキシジルが含有されている医薬品は、薄毛治療に欠かせません。プロペシアは脱毛を防ぐ効果があり、ミノキシジルは発毛を施す医薬品です。どちらも欠かせない医薬品になりますので、積極的な使用が求められます。

ただこれらの医薬品は治ったからといって、服用をやめることはできません。常に服用し続けなければならない医薬品です。頭髪を諦める日が来るまで使い続けなければなりません。また必ず効果があるわけではなく、現時点では薄毛対策として有効成分になっているだけです。それでも他に薄毛治療方法がありますので、諦めないで他の治療を探して行うことが大切です。