フィナステリドは早めに服用を開始すると良い

フィナステリドは男性型脱毛症に有効な飲み薬であり、脱毛を進行させている特定の物質の発生を抑制することが可能です。有効性のある薬とされ、発毛治療を行う際にもよく利用されています。ただできるだけ早めに飲むようにした方が良いとされていますので、対策をするのなら速やかに服用を開始をした方が良いでしょう。早めに飲んだ方が良い理由は毛根の活動にあり、若い時ほど毛根は活発に活動しています。その為、フィナステリドを服用した時にも効果が発揮され易いです。ところが歳を取ると毛根はどんどん弱くなっていき、フィナステリドを飲んでも効き目が発揮され難くなってしまいます。その為、同じ治療をしても若い人と歳を取った人では回復力に違いが見られるのです。それゆえに対策が遅いと改善が難しくなりますし、元のふさふさの状態に戻すことは困難を極めてしまうかもしれません。もう一つ早めに飲んだ方が良い理由として発毛の為には時間が掛かるからです。すでに薄毛になっている場合、フィナステリドを飲んだとしてもすぐに発毛して薄毛が改善されるようなことは殆どありません。髪の毛の成長は非常に緩やかですので徐々にしか回復させることはできないのです。ですから効果が見えるまでには時間を要してしまいますし、その間は薄毛を我慢しなければいけません。早く飲むようにした方が改善までの期間も短くなりますので、そういった意味もあり早めの対策が重要になってくると言えるでしょう。なおどの程度の期間で回復できるのかは人によってばらばらです。フィナステリドの効果には個人差がある為、半年程度で変化が起こることもあれば1年以上も変化が現れないこともあります。時には長い時間が必要ですし、対策が遅ければ遅いほど余計に時間が掛かることもあるのです。

フィナステリドは毎日同じ時間に服用する

男性型脱毛症と呼ばれるAGAになると、徐々に薄毛が進行していきます。AGAは病気ではありますが、身体的に大きな影響を及ぼすことはありません。ですから、薄毛が気にならなければ、特別対策を立てる必要はありません。しかし、最近では内服薬を服用するだけで、AGAを改善させることができるので、もし薄毛が気になる人は、内服薬を服用することも考えてみてもよいかもしれません。このAGA治療薬の主な成分としては、フィナステリドと呼ばれる成分となります。このフィナステリドは、AGAの原因とされるホルモンが増えるのを防ぐ作用がありますから、フィナステリドを服用することによって、薄毛の進行を止めることができるようになります。また、人によっては、かなり薄毛が改善され、太くてコシのある髪の毛が生えてくる場合もあります。フィナステリドの服用方法としては、説明書などを読んでみると、1日に1度1mgを服用することと記載されています。ですから、自分が気づいたときに服用すればよいということになります。しかし、できればフィナステリドは毎日同じ時間に服用した方がよいと考えられます。その理由としては、まず時間を決めることで飲み忘れを防ぐことができるからです。フィナステリドを1日飲み忘れたからといって、特別薄毛の状態に影響を与えることはありませんが、長期的に服用することになるので、習慣化してしまった方が楽に続けることができるということがいえます。次に、毎日同じ時間にフィナステリドを服用することによって、血中濃度を安定させることができるということがいえます。薬を服用すると徐々に血中濃度にも変化が起きますが、毎日決まった時間に服用していれば、血中濃度が安定するようになり、身体への影響を抑えることができます。

フィナステリドの副作用とは?

フィナステリドは男性型脱毛症の薬として人気があります。しかし、薬はどんなものでも副作用があります。フィナステリドはもともと前立腺肥大の治療薬として開発されましたが、使用者から「毛が生えた」という報告が相次いだため、育毛薬として開発されたという経緯があります。男性ホルモンの働きを抑える効果があるため、男性の性機能面において副作用が出る可能性があります。性欲減退、勃起機能の低下、精子減少などが1~2%の割合で報告されています。男性機能の低下はあるかもしれませんが、妊娠や出産には影響がないとされています。他にもホルモンの分泌量の変化を招くため、うつなどの精神的な症状の報告も約1%あります。一番注意しなければいけないのは、女性です。フィナステリドは男性型脱毛症の薬のため女性が服用するケースはほとんどありませんが、パートナーや家族が使用している場合、女性はフィナステリドに触れることも避けた方が良いと言われています。妊娠する可能性があったり、妊娠している場合、もともと少ない男性ホルモンがさらに減少してしまうため、お腹の中の赤ちゃんが男児だった場合には男性機能の発達が阻害されてしまいます。同様に思春期を過ぎるまでの男児もフィナステリドに触れることがないように注意が必要です。「触れるくらいなら大丈夫じゃないか?」と思われるかもしれませんが、薬は服用して吸収されるだけではなく、皮膚からも経皮吸収されてしまいます。特に錠剤が割れた状態の場合、粉末が飛散して知らないうちに女性や男児が触れてしまう可能性もあります。フィナステリドを服用するときには、自分だけがわかる場所にしまっておいたり、誰も来ないところで服用して家族に影響が及ばないようにすることが重要になってきます。
■フィナステリドが主成分の薬
プロペシアの通販購入について
フィナロ